マインドフルネス・セラピー in 鎌倉

ご予約・お問い合わせはお気軽に!

ブログ

2022.09.09
ブログ

自分を縛っている「思い込み」から自由になる

 

 

 

私たちは生きて行くために、都合の良い「思い込み」をたくさん持っています。

 

時にはそれが、自分を窮屈にしたり、相手まで縛ってしまうことも沢山あります。

 

思い込みは、無意識の中にしまわれており、その思い込みに沿って行動しておりますから、自分一人では、気づくことはできません。

 

他の人との代わりを通して、初めて「あれっ?何かが違う」「今まで〇〇だと思っていたけど、何が違うのだろう?」と、落ち込むことがあります。

 

とてもショッキングなことですが、これは心の構造として、誰にでも起きることで、実はこのショックが、自分を窮屈にしている「思い込み」に気づくチャンスになるのです。

 

以下は、ある方(A さん)のワークを通した心の軌跡です。

 

・・・・・*********・・・・・

 

Aさんは、夫から激しい「怒り」を向けられ、自分が至らないからこんなにも叱られるのだと、自分を責めて生きてきました。

 

ある時、娘さんのことがきっかけとなって、自分が心のセラピーを受けることになりました。

 

第一段階では。

夫の怒りは、自分が悪いからだと長いこと思っていたが、セラピーが進んでいくなかで、これは自分のせいではない。夫の怒りは、夫の心の問題であり、自分とは全く関係がないということが、はっきりと分かってきました。

 

ただ、夫の罵声があまりに恐ろしいので、自分の心が萎縮してしまって、とにかく、自分が謝って事を丸く収めようとしていたことに気がつきました。そしてワークが進むにつれて、夫と自分は別の人格を持った人間であって、感じ方は違っていて当然。自分だけが悪いなんてことはあり得ない。と、自我がしっかりと目覚め、成長してきました。

 

第二段階では。

Aさんは、「自分は、怒りを向けられる存在ではない」「もういい加減にしてくれ」という、今までとは違った、夫に対して「怒り」と「悲しさ」の感情が沸き起こってきました。

 

Aさんは、幼い頃から、怒りを人に向けたことはありませんでした。自分の心の中には、怒りはないと思っていたのです。穏やかな人間だと思っていたのです。

 

Aさんは幼い頃の自分を思い出しました。家族の中で、雲行きが悪くなると、自分には関係のないことまで引き受けて、何事もなかったようにその場を収めようとしていたのです。

 

この事実は、家の中の揉め事が怖いから、自分の怒りを、心の奥に押し込めて何事もないことにしていたことであり、自分を偽っていたのです。今まで通りこの偽りを続けていたら、偽りの人生しか歩めない。いつまでも、嘘の人生なんて嫌だ!

 

ある時から、思い切って、心の奥に押し込めていた「怒り」と向き合って、実際に「怒り」をトコトン感じてみようと決心をしました。

 

そして勇気を振り絞って、怖さを感じながら、相手に対して自分の気持ちを出すことも、試み始めました。

 

第三段階で。

ある時Aさんは、『私はずーっと、夫から心の傷を負わされている・・・』『悔しい気持ちでいっぱいだ・・・』『いくら訴えても届かない・・・』と、いつもよりトーンダウンした声で話し始めました。

 

『こんなこといつまで続けていくんだろう?』

 

   (ここで長い長い沈黙があり、やがてゆっくりと語り出す)

 

『私は、ずっと被害を受けてきたことは事実だ』・・・『だからって、被害者意識の下で、安住しているのはおかしい気がする・・・』

 

『私は、今まで、夫が間違っている!』『そんな未熟な夫を相手にしている暇なはい!』『勝手に怒っていればいいでしょ!』と、怒りの気持ちを心の底に据えて、突き放したところから夫を見ていました。』

 

『でも本当は、相手を見下したり、軽蔑したり、相手より自分の方が優れていると思いたいわけじゃない!』『まして・・・相手を非難したいわけじゃない!・・・』『そんなこと望んでいない!』

 

『何より、はっきりと分かったことは、誰かに私の気持ちを分かってもらいたいわけじゃない!・・・』『誰かにわかってもらいたいなんて、依存じゃないか!』『いつまでも依存していたいわけじゃない!・・・』

 

『いつまでも、被害者意識に依存していたら、自分が分からなくなってしまう!』

 

『私には大切にしていることがある!』『それが今、はっきりと見えてきた!』

 

『私は、どういう人とでも平らな気持ちで、気持ち良く、楽しく、過ごしたい・・・穏やかに、共に暮らしたい!!・・・・という大事な願いを持っている!』

 

『困った時には、お互いに助けあったりしたいのだ・・・!!』『そういう関係になりたいと、生まれた時から・・・いや、そうなりたいと思って生まれてきたんだ・・・そんな気がしている』と、落ち着いた口調で力強く語りました。

 

そして、『私は今、大事なことを思い出すことができて、嬉しい!』

 

『夫と結婚したことを、自分の浅はかさだと思って、自分を責めていたけれど、これは違う!』

 

『彼と結婚したことで、彼の激しい「怒り」に出会ったことで、私は、私の一番大事にしていたことを、こんなにはっきりと思い出すことができた!』

 

『今まで私は、結婚への後悔という形で自分を否定していた』『その上、夫への非難と諦め(蔑視と否定)という二重の否定を我が身に背負わせていた!』『自分で自分を否定という紐で、がんじがらめに縛っていたんだ・・・』

 

第四段階では。

 

『今まで私は、相手を非難して、自分を正当化しようとしていた!』

 

『その事のために、エネルギーを全部使ってきた!・・・』

 

『もう、自分を正当化したくない!・・・』

 

『もう、意識の力で相手を悪者扱いにして、自分を高みに置く作業は疲れた!もう限界だ!・・・』『こんなことで疲れ果てるために、私は生きているんじゃない!』『馬鹿馬鹿しい!』

 

『もう、手放す!・・・』

 

『私には、幼い頃から大事にしている生き方がある!・・・』

 

『その方向に向かって行けばいいんだ!・・・』

 

『具体的に、何をすればいいのか、今はまだわからない・・・』

 

『でも、前のような不安が、嘘のように消えている』

 

『ベクトルがきちんと自分の方に向いている』『漠然と、いい感じがして

 いる』

 

『これでいい』『やっと落ち着いた』

 

『自分が大事にしていることを大切にする生き方を、しよう・・・』

 

・・・・・*******・・・・・

 

最初の段階からAさんがここまで来るには、数年の歳月を要しております。

 

人間の心の奥には、自分の生き方にほとほと困り果てた時、こうして自分自身を、明るい救いの方向に推し進めてくれる“実に頼もしい「いのちの力」”が宿っているのです。

 

Aさんとのワークは、「頼もしい救いの力」が顕現してくるプロセスを、はっきりと見させてくれた、と思っています。

 

これからも、無意識の中の「いのち」が逞しく働き出すワークをして行きたいと思っています。

 

セラピスト 福田京子

ご予約・お問い合わせはお気軽に