マインドフルネス・セラピー in 鎌倉

ご予約・お問い合わせはお気軽に!

ブログ

2022.01.27
ブログ

おもしろきこと

 

先日、中学時代の友人から手紙が届き、心が久々に楽しんだ。

 

彼女は国文を専攻して高校の国語の先生をしていた。彼女とはお能の話ができるのが嬉しい。

 

そういえば、昨年の暮れの電話のおり、今何をお稽古しているのと聞かれたので、

「東北」をはじめるところ、と、伝えていた。

 

私はすでに忘れて居たのだが、彼女は覚えていてくださって、今回の手紙には

和泉式部と御堂関白を思わせる絵が描かれている美しい便箋に、さりげなく、「東北」には和泉式部の “我も火宅を出にけるかな” と言う和歌があったように覚えています。と、書き添えてあった。

 

折しも、、、、、「門の外 法の車の音聞けば 我も火宅をいでにけるかなと かやうに詠みしこと 今の折から思いいでられて候ぞや・・・」と、謡曲のお稽古しているところだった。

 

『なんだそんなこと』と言われてしまえばそれまでのことですが、自分が興味を持っていることに、さりげなく関心を示してもらえることは、殊の外、嬉しいものです。

 

心の奥がほんのりと温かくなりました。

 

こういうさりげない中にこそ、人を思う優しさが忍ばれるものだなあと、ひさびさに心が満たされる思いがしました。

 

たまたまなのでしょうが、十二単衣姿の絵のそばに、吹き出しで「着ぶくれて」と書き添えてあるのが何とも面白く、ふふふっ、と思わず心がほころびました。

 

セラピスト 福田京子

 

 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせはお気軽に