マインドフルネス・セラピー in 鎌倉

ご予約・お問い合わせはお気軽に!

臨床心理カウンセリングとは

臨床心理カウンセリングを受けたい方へ
・ 心の悩みはそれぞれ異なりますが一人で解決しようと思わないで
  カウンセラーに相談する事で自分を客観的にみられるようになります。ここが大切です。

・ 相談者のカウンセリングの申し込みの方法は 電話カウンセリングと対面式の二つ有ります。

・ 電話カウンセリングは、本人や家族の方でも申し込めます。手軽ですが相談者が見えにくい部分もあります。
  対面式カウンセリングと併せて利用されると効果的と思います。

・ 対面式は相談者と直接お話しできるので信頼関係もそく構築し易いし・感情も伝わるので望ましい方法と思います。

ネガティブ思考から逃げないでください
・ 人間の心はネガティブ思考になると{忘れる }のスイッチを押したがります。喜怒哀楽は大切な感情です。
  現代社会ではネガティブな事柄が多く感情のバランスがくずれ易くなり気がつくとネガティブ思考に偏っています。

・ ストレスがたまるとネガティブ思考を忘れるためにお酒を飲んだり、友人とおしゃべりしたり、
  一人で部屋に閉じこもったりする事が多くなります。
  それも一つの方法なのですが心から楽しむ事が出来なくなります。

・ ストレスの一つずつは小さいものですが溜まってくると漠然とした不安感や根拠のないイライラや怒り
  といった正体不明の感情に変化してしまいます。

・ そうなる前に混乱している心の内を思いのままカウンセラーに気持ちを吐き出してください。
  話す事で自分が客観的に見えてきて、頭の中が自然に整理されて簡単な事に惑わされていたと気がつく事もあります。

・ もやもやしたネガティブ思考が明確になると頭と心と体に安心感が出てきます。相談者を全面的に受け入れ、
  ゆっくり寄り添っていきます。繰り返しますが一人で悩まないでください。いつでもサポートします。
嫌な事を感じた時こそ立ち止まり考えてみましょう
・ 嫌な事や不慣れな事はできれば避けたいと思うのは誰にもある心理です。
  そのままに放置しておくと、ストレスになってくるのです。
  どうしても嫌だと思う時は「何が嫌なのかな」逃げないで立ち止まり考えてみましょう。

・ こんな時こそカウンセラーに相談してください。嫌な事は表面にあらわれている現象だけではないことが多いのです。
  一人では探り当てる事は難しいので、カウンセラーに相談して頭に浮かんだ嫌な感情を思い切り話してください。
  その中にヒントが有るかもしれません。話す事が大切です。

・ カウンセラーは嫌な事の要因を話の中から探したりして、相談者がどうしたいかを聞きながら
  一緒に解決の道をサポートします。

料金について

ご予約・お問い合わせはお気軽に

カウンセラー紹介